2020.5.24 デジタル化に向けて準備を進めておくべきです

(最近の状況)

 

今日は、ストアカでyoutube動画の作り方の

オンラインセミナーを受けました。

とてもわかりやすく、スマホでも

ちょっとプロっぽい動画が作れて

しまうんだなあと驚きでした。

 

どんどん技術は進化しているだなあと

つくづく思います。

 

やっぱり知らないとどんどん

時代に置いていかれるなあという

危機感をもちました。

 

 

今回のコロナショックで見えてきたこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のコロナをきっかけに明らかに

加速していることがあります。

 

それは何かわかるでしょうか?

 

これがわからないと知っておかないと

どんどん厳しい状況に置かれてしまいます。

 

 

それは何かというと、デジタル化の加速です。

 

 

コロナにより、三密を防ぐという生活に

なりました。

 

三密ってなんだっけ?

という人もいるかもしれないので

復習もしておきますね。

 

 

三密とは、

密閉、密集、密接です。

 

まず、密閉とは窓がなかったり換気ができなかったりする場所のことです。

身近なところで言うと会議室や地域の多目的室等、

塾や図書館、映画館、カラオケボックスなどが

これにあたります。

 

密集とは、人がたくさん集まったり、少人数でも近い距離で集まる

ことです。前者はテーマパークや大型の商業施設、

スーパー、学校、電車、喫煙所等がこれにあたり、

後者は ライブハウスや喫茶店、

レストラン等がこれにあたると考えられています。

 

 

密接とは、互いに手が届く距離で会話や発声、

運動などをすることを言います。

密接はどんな場面でも起こりえます。

職場、飲食店、公共交通機関内での会話や、

グループでのランニングやウォーキング、

スポーツジム内で多人数での運動などです。

 

 

このように三密を防ぐことが求められるので、

この対策ができていないと、

ビジネスとして厳しくなってしまいます。

 

実際に、テレワークができない、オンライン化の

対策ができていない事業はかなりの打撃を

受けていると思います。

 

 

 

 

 

手探りでいいから動き出すこと

 

 

そんなこと言っても何からやっていいかわからないし、

仕事的に無理だしなあ・・・

って思考停止になってはいけません。

 

仮にコロナが落ち着いてまた以前の日常に

なったとしても今後も感染症はあり得ること

ですし、世の中の流れとして

デジタル化はどんどん加速しています。

 

あくまでコロナはたまたまのきっかけで

あり、今後の時代にデジタル化は

必須です。

 

 

振り返ってみてください。

 

20年前にこれほどネットが当たり前に

なる世の中は想像できましたか?

 

インターネットで

食べ物を買い、

服や靴を買い、

旅行の手配や

映画、遊園地のチケット、

定期券、

使わなくなったものまで

売ることもできる。

 

説明会やセミナー、

面接だってオンラインでできる。

授業もそうです。

 

テレワークもどんどん進んでいます。

 

それぐらい大きな変化が起きています。

 

何事も最初は0スタートです。

 

今回のコロナをきっかけにデジタル化に

向けて動き出していきましょう!

 

 

 

それでは、ブログをお読みいただき、

 

ありがとうございました。

 

 

 

あなたの人生を変えるきっかけになれば

 

幸いです。

 

 

今後も宜しくお願いいたします。

 

 

 

(今日の人生を変える著名な名言)

 

 

 

「最も強い者が生き残るのではなく、

 

最も賢い者が生き延びるでもない。

 

唯一生き残るのは、変化できる者である。」

 

 

~チャールズ・ダーウィン~

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です